レディー

エラ削りで綺麗な輪郭にチェンジしよう|シュッとした顔になれる

目立たない術式

注射

クリニック選びは慎重に

美容外科では小顔整形の方法として、しばしばエラ削りの手術が行なわれます。下顎の骨の一部を削る手術で、特に横から見たとき、顔の輪郭がはっきり変わるとされています。エラ削りの手術は多くの場合、奥歯の下の部分を切開し、そこから余分な骨を取り除きます。これは口の中なので、傷跡が目立たないというメリットがあります。一方で、より広範囲の骨を削り取るために、顎の下の部分を小さく切開する術式もあります。どちらが適しているかは、医師によって意見が異なります。美容整形先進国である韓国へ行って、エラ削りの施術を受ける方も少なくありません。しかし料金の安さだけで医療機関を選ぶと、失敗する可能性があるので注意が必要です。エラ削りは血管や神経の多い口の中を切開するため、手術には相当の熟練度を必要とします。そのため熟練の医師であれば、血管や神経を傷つけることがほとんどありませんので、麻痺が残ったり内出血が止まらなかったりといったトラブルも回避できます。また治療には一般的に入院が必要ですが、腕の良い医師の治療ならダウンタイムも比較的早く済むことが多くなっています。経験豊富な腕の良い医師が在籍していて、術後のケアやサポートが充実している病院ならば安心です。

切除以外の治療も

エラが張っていると顔が大きく見えるだけでなく、我が強い印象を与えたり老け顔に見られたりしやすいという特徴があります。エラ削りで顎の骨を細くすれば、そうしたイメージを一新することができます。骨格の形を変える施術ですから、一度受ければ効果は永久に続きます。取り除く骨の量にもよりますが、はっきりした変化を期待できる点が最大のメリットと言えます。エラの原因は骨格だけでなく、咬筋が発達しすぎていることや、バッカルファットという脂肪がついていることが考えられます。このような場合にはエラ削りではなく、別の治療法が効果的です。たとえば咬筋を小さくするにはボトックス注射が行なわれます。ボトックスには筋肉の緊張を和らげ、エラ張りを目立たなくする作用があります。効果は半年〜1年ほどしか続きませんが、繰り返し注射することで筋肉が次第に縮小してきます。また脂肪が多い場合には、レーザーや高周波でたるみを解消する施術が適用できます。専門の美容クリニックでは、複数の治療法を組み合わせて、より効果的にエラを目立たなくすることも可能です。信頼できる医師にじっくりとカウンセリングを受けて、どんな方法が最適かを考えることが大切です。