ウーマン

エラ削りで綺麗な輪郭にチェンジしよう|シュッとした顔になれる

小顔効果を目指して

スキンケア

顔のエラが張っている場合、顔が大きく見えてしまう理由になってしまいます。エラが張る原因は骨格や筋肉に問題があり、骨格が原因の場合は手術でエラ削りを受ければスッキリとした顔になれます。エラ削りは高い技術が必要となるので信頼できるところを探し、術後の知識も把握して余裕を持って受けていくのが大切です。

More Detail

憧れの小顔美人

整形治療

小顔を確実に実現してくれる施術として人気のエラ削りですが、人気の理由は確実さの他にその持続性にあります。理想のフェイスラインが半永久的に手に入るのです。ただ、効果の高い反面リスクもあり、施術の前には医師としっかりとイメージを一致させておく必要があります。不安な人はボトックスから始めてみましょう。

More Detail

輪郭形成の手術

女医とナース

小顔になれる

フェイスラインを削って小顔になれる美容整形に、輪郭形成手術があります。輪郭削りの美容整形は、確実な小顔効果があります。そして、小顔効果は半永久的に持続します。輪郭を削る美容師整形では、あご骨、エラ骨、ほほ骨などを削ります。最初に時間をかけてカウンセリングをして、どこをどういう風に削るのかを入念に打ち合わせをします。レントゲン撮影をしたり、石膏で輪郭の型をとったりして、具体的な仕上がりをシミュレーションしてくれるクリニックもあります。手術は全身麻酔で行うのが一般的です。エラ削りをする場合は、麻酔をした後に口腔内をメスで切開し、エラ骨を露出して特殊な機械でエラ骨を削っていきます。エラ削りの手術は約1時間ほどで終了します。入院が必要なクリニックもありますが、最近は全身麻酔の手術でも日帰りでできるのクリニックが多くなっています。手術から1週間後に抜糸があり、抜糸をするまでは包帯を巻いて圧迫しておく必要があります。エラ削りは骨を削る手術なので、プチ整形とは違ってダウンタイムが長引きます。腫れが落ち着くまでは1ヶ月くらいかかります。そしてカウンセリングでシミュレーションした通りに仕上がるまで3ヶ月程度はかかるのが一般的です。

名医のもとで手術をする

エラ削りを始めとして、あご骨やほほ骨を削る輪郭形成は、とても大掛かりな美容整形手術です。そのため、手術をするクリニックは、かなり慎重に選ぶ必要があります。最近はプチ整形が主流なので、輪郭形成をしている美容外科クリニックは全体的に少なくなっています。その中でも、設備がしっかり整った、輪郭形成の名医がいるクリニックを探すことをおすすめします。輪郭形成手術は大きなダウンタイムがあるので、1ヶ月程度は仕事や学校休む必要があります。そうしたことを考えると、計画的に手術をすることが大切です。また、手術をしたあとは出来る限り安静にして過ごすことが大切です。無理をしてしまうと腫れがひどくなったり、激しい痛みが出ることがあります。抜糸をするまでの1週間は入浴、サウナ、激しいスポーツなどは厳禁です。シャワーは顔に当たらない程度なら、手術当日からでもできます。腫れている間は、氷を入れた袋をタオルに巻いて患部にあてておくと腫れが引きやすくなります。一週間後に抜糸をしたあとはメイクや洗顔ができます。もしも激しい痛みがあったり不安なことがあったりしたら、すぐに手術をしたクリニックに連絡をして指示を仰ぐことが大切です。

目立たない術式

注射

小顔整形のひとつとして行なわれるエラ削りは、口の中を切開して下顎の骨を切り取る手術で、はっきりした変化が期待でき傷跡が目立たないというメリットがあります。難易度の高い手術なので、クリニック選びが重要です。

More Detail

ほっそりした輪郭が持続

鏡を見る女性

エラ削りという整形法に対しては漠然とした不安を感じている女性も多いようですが、実際は口の中からメスを入れ、電動式の器具で少しずつ削っていくという安全性の高い方法です。エラ削りをすればボトックス注入などと違って永続的な効果を得られるのがメリットです。

More Detail